アグリビレッジ半農集落モデル

都市近郊の便利さと広い土地が実現する
半農住宅による新しい生活モデル

家族を守る「住」とは何か?真剣に考えました。

人が健康的に住み続ける事、そして家族を守る住まいであることを真剣に考えました。自然素材や酵素を保った杉材による、穏やかで命に優しくエコにも優れた家。
永続性のある安心な農業など学びつつ、健康的な運動を続けられる農ある暮らしサポート。土地を活かした趣味性の高いコンテナハウスや、太陽光のようなエネルギー自給。さらには、同
じ気持ちを持った人との繋がりを作り、一つの住宅ではなく地域として文化を育てたいと考えています。

柔軟な住デザイン

土地が広ければ住デザインも柔軟に考えられます。趣味性を高くする事も、2世帯が別宅で住めるよ
うにする事も出来ます。もちろん長くその土地に暮らしていけば大きな変化も訪れますが、その時
にも、その暮らしに合わせた適正な住デザインに変える事が出来ます。

エネルギー自活

震災の影響から、日本のエネルギー政策に様々な 課題が出たことで、太陽光発電などのパーソナルな発電システムが注目されました。もちろん未来には、さらに良いシステムが生まれてくるはずです。同時に昔から受け継がれてきた自然を活用す
る方法。例えば薪ストーブなども、人気が出てき
ました。エネルギーの自活は、安全な生活に直結します。
土地が広ければ、発電機を入れる事も、薪をストックする事も可能です。土地が広いという事は、さまざまな安全の可能性を広げてくれます。

問い合わせ窓口

こちらはコンセプトモデルになります。

ご興味のある方は気軽にご相談ください。

埼玉に農ある暮らしを実現する会 鈴木
090-1261-0746